*

むくみ

足のむくみの原因として考えられること

むくみに関わる元気は、体が回復しきれていない時、お酒を飲んだりした翌日、内臓の関係する病気、女性ホルモンによる変化、などの原因が元で症状が出てきます。女性は特に、生理に関係あるホルモン変化によりむくみが体に出てきます。

むくみがあるということをわかりやすく言うと余分な水分や老廃物等が体の中に溜まっているということです。足がすぐにむくんでしまうのには明らかな原因があります。

 

それは静脈やリンパの循環不良です。

足の筋力が弱ると心臓に静脈血を十分に戻すことができなくなりその結果、体の腫れを生じます。

 

人間の体というものは多くの水分でできているのです。

そして生命維持に関係ないあまった水分は尿や汗などとして、体外に放出されます。

 

ところが、体を冷やしてしまったり塩分や糖分の摂取のしすぎによって体の内部での循環がよくなくなりいらなくなった水分がきちんと体外に放出されにくくなることがあります。この状態が、世の女性たちを悩ませる「むくみ」の真の姿なのです。

 

 

嫌な足のむくみ対策は、長時間ならず同じ姿勢で絶対続けないことです。

 

 

 

どうしてもデスクワークをしないといけない時は、数時間に何回か体を動かすなどして、やれる範囲で足の筋肉をほぐしましょう。

足腰に悪い足の組み方などは、足の血行に影響がでるのでなるべくしない方がいいでしょう。それに有効性があるどこにでもある市販の弾性ストッキングの使用が、むくみ予防に繋がります。

 

 

 

むくみとは女の人の多くが抱えている辛い症状です。

 

 

一日中立ちっぱなしや座りっぱなしでずっと同じ姿勢をとることによってよく起こり、大多数の女性は筋肉が足りないのでポンプ作用を行うふくらはぎがきちんと働かせられないことも原因の一つであると思われています。五苓散の効果・効能:むくみ、糖尿病、PMS、メニエールなど